【マンションナビ】全国中古マンションネット一括査定の信憑性と評判は?

様々な理由から、「自宅を売って引越したい」ということがあります。

「せっかく購入したマイホームなのに」という人もいるかもしれませんが、転勤や家族が増えたなどの目に見える変化や、生活スタイルやお金の価値観、将来への準備と言った考え方の変化によって、自宅の売却や買換えをする人は増えてきています。

そこで、便利なサービスがネットで一括査定を受けられる「マンションナビ」です。

どんな風に便利なのか、信憑性のあるサービスなのか、気になるところを解説していきます。

  1. 自宅売却経験3回!売却益1,000万円以上の筆者がチェックします
  2. マンションナビ最大の特徴は一括査定
    1. 一括査定しないでどうやって不動産業者を決めるの?
    2. 不動産売買は一期一会だからタイミングを逃すな
    3. マンションナビ一括査定で手間の軽減&時間短縮
  3. マンションナビの特徴
    1. 売却だけじゃない、賃貸も一括査定
    2. 全国2500店舗から、最大9社の査定が可能
    3. 登録しなくても相場が分かる
    4. 狙ったエリア&物件の相場が分かる
    5. マンションナビ社員のサポート付き
  4. マンションナビの注意点
    1. マンション特化だから戸建ては非対応
    2. 不動産業者によって査定内容やサービス面にバラツキ
    3. 査定業者からの電話がかかってくる!?
  5. マンションナビの使い方
  6. 査定内容の信憑性はあるのか
    1. マンションナビは、マンション売却で“4冠”達成
    2. 月間利用者100万人、査定依頼数月間1500件超の実績
    3. マンションナビの運営会社
  7. マンションナビの評判を知りたい
    1. 良い口コミ
    2. 良くない口コミ
  8. マンションを賢く売却したいなら
    1. マンションナビを使うだけでは希望通りにならない
    2. 余裕をもって動こう
      1. ~2か月目:相場のリサーチと希望売却額の決定
      2. 3か月目:業者選定と契約
      3. 4か月目~10か月目:自宅の売出し開始 → 購入者が決まるまでだいたい半年程度
    3. 会話のできる不動産業者に依頼しよう
    4. 売却金額にこだわりすぎない
    5. 売り手と買い手がお互いに納得しているとトラブルが少ない
  9. 不動産業者はパートナー、しっかり選定しましょう

自宅売却経験3回!売却益1,000万円以上の筆者がチェックします

私たちは、夫婦で過去に3回の自宅売却経験があります。
それぞれ独身時代に自宅用の物件を購入していたこともあり、一般的な人よりは自宅購入回数も売却回数も多い方かと思います。

その3回の自宅売却で得た売却益は、合計するとざっと1,300万円越えになります。
中には、数百万円で購入した物件が200万円ほどの売却益をもたらしてくれたこともあります。

売却益を得るためのコツは、何も難しいことはありません。

「安く買って、高く売る。」

これだけです。

ここで、安く買うのは比較的やりやすいのですが(それでももちろんコツは必要です)、既に購入した物件を高く売る方は、買う時よりも根気と戦略が必要になります。マンションナビは、この戦略の部分で非常に役立つ使い方ができるのです。

私たちが自宅売却をした時には、マンションナビが無かったため、かなり苦労をしてしまいました…。今なら間違いなくマンションナビを使うと思います!

なぜ私たちがそう思ったのか、解説していきますので、お役に立てれば幸いです。

マンションナビ最大の特徴は一括査定

一括査定しないでどうやって不動産業者を決めるの?

「一括査定は便利です」と聞いても、「そうだよな」くらいにしか感じないかもしれません。でも、実際に自宅の売却をしようと動いてみると、その便利さを実感するはずです。

そもそも不動産業者ってどうやって決めますか?

自分が納得いく売却をするためには、不動産業者選びは重要です。なにせ、売却プロジェクトのパートナーになるわけですから。

ところが、大抵の人はそんな不動産業者の知り合いいません。知り合いの中に、信頼できる不動産業者がいる人はいいかもしれませんが。

そこで、ネットや電話帳で調べたり、紹介してもらう、街で飛び込むなどするしかありません。しかも、信頼できる業者に出会うまでは、同じことをやり続ける必要があります。

大手の業者なら安心そうじゃないかな?というのも、経験者からすると安易な考えに思えます。

仮に大手の業者であっても、最終的には担当者の力量次第になってきますので、経験値の少ない人が担当になってしまうと、いい売却につなげるのには難しいです。

それに、大手は広範囲なエリアを担当することもあり、逆に狭いエリアのピンポイントの相場や市場動向に疎い傾向もあります。

同じ市区町村内であっても、ちょっとした場所の違いで、住宅需要はまったく異なります。また、せまいエリアに絞った同じ町内でも、建物の作り、どの道路に面している場所か、周辺の施設は何があるか、などの違いで「ライバルよりも売れやすいかどうか」が変わってきます。

自宅の売却戦略を考える時に、エリアの市場知識が少ないと、まるで頼りになりません。

では、エリアに特化した業者であればいいのかと言うと、そうとも言えません。地域密着型なんだけど戸建てが得意でマンションはあまり扱っていないとか、土地売りが得意、対応が好きじゃないなどということもあります。

結局、不動産業者の大小や有名度合いなどで決めるのではなく、たくさんの不動産業者と話をした中で、一番納得できて信頼できそうな担当者がいた業者にお願いすることになるのです。

不動産売買は一期一会だからタイミングを逃すな

納得のいく不動産業者に出会えるまで、たくさんの不動産業者のアポを取り、同じような内容を話し、同じような書類に記入しての繰り返しです。土日の休みのたびにこれですから、疲れる上にうんざりしますし、あっという間に期間が過ぎてします。

不動産の購入や売却は、一期一会です。たった一人、あなたの自宅を「買う」と言ってくれる人がいればいいだけです。

そのためには、なるべく多くの人の目に触れさせる方が、いい契約がまとまりやすいです。なのに、業者探しで時間をとってしまうと、どうなるでしょうか?たいていの人は、売却を済ませたい時期が決まっている人が多いでしょうから、売却する期間が短くなってしまいます。つまり、人目に触れる時間が少なくなってしまい、その結果、いい出会いを逃してしまうかもしれません。

また、業者選定で時間を使ってしまって売却予定時期が迫ってきてしまうと、あせって適当に業者を選んでしまいたくなります。

これでは、いい売却からは遠のいてしまいます。

マンションナビの一括査定を使って業者選定をスピーディに行えるということは、それだけじっくりと売却に臨むことができ、結果としていい取引ができる可能性が高まるということなんです。

マンションナビ一括査定で手間の軽減&時間短縮

マンションナビの一括査定なら、

・面倒な書類の記入が1回で済む
・自宅にいながら査定依頼ができる
・帰ってきた査定結果を見て不動産業者を絞ることができる

ということができるので、手間も時間も軽減されます。

何気に、何度も同じ内容を別の人と話すというのは疲れる作業ですから、一回の手間である程度の業者の絞り込みまでできるのはかなりなメリットです。

マンションナビの特徴

売却だけじゃない、賃貸も一括査定

転勤でいずれまた戻ってくる可能性もあるとか、家族の都合で両親の住む実家に同居することになったけれどいずれはまた自宅に戻りたい、ということもあるでしょう。

そんな時は、自宅は売却せずに、賃貸に出すという手段もあります。とは言え、住宅ローンの返済は大丈夫かな…なんて迷うところでもあります。

どうしようか迷ったら、売却と賃貸のどちらでも査定をもらって比較検討してみてはどうでしょうか?賃貸査定してみたら、思った以上に家賃相場が高かったから売却しないで持ち続けようという選択もできます。

マンションナビの一括査定依頼では、売却も賃貸も同時に査定依頼をすることができます。しかも、売却と賃貸とで、それぞれ異なる会社からの査定をもらえます。

つまり、業者によって売却と賃貸とでそれぞれ得意分野が違うので、それぞれによりよい査定をもらえる可能性がある、ということになります。

全国2500店舗から、最大9社の査定が可能

マンションナビでは、全国900社以上、2500店舗と提携しています。この数は、他の一括査定サイトと比べても多い水準です。

また、どんな会社が査定してくれるかどうかというのは、気になるポイントでもありますが、みずほ不動産販売、三菱UFJ不動産販売、大成有楽不動産販売グループ、センチュリー21グループ、大京グループ、長谷工リアルエステート、ポラスグループ・中央住宅、などの大手もそろっています。

これらの提携店舗の中から、物件の場所によってそのエリアを得意としている店舗から、売却では最大6社、賃貸では最大3社の査定をもらうことができます。

数が多ければいいものではありませんが、正確な相場を知るためにはなるべく多くの情報を得ることが重要です。

不動産業者の中には、媒介契約を結んでもらいたいがために、あり得ないような高い相場を提示することがあります。でも、これは注意です。何も知らない人は、「思ったより高い相場が出た!」と喜んで、「一番高い相場を出してくれたからこの業者で売りたい」と思ってしまうのです。

ところが、いざ売り出してみたらなかなか売却ができず、結局最終的にはちゃんとした相場額まで引き下げるということになり、無駄な時間を使ってしまいます。でも、こうなる事も分かっていて相場よりも高い見積りを出してきている不動産業者もいて、とにかく契約をとってしまえばいいといういい加減な業者もいるのです。

複数社からの相場を提示してもらっておけば、極端に高いもしくは安い相場を提示してくる業者があった場合、それに気が付くことができます。特に、初めての自宅売却では提示された相場額の適正度が分かりにくいため、なるべく多くの査定を受けておくといいでしょう。

登録しなくても相場が分かる

一括査定サイトの利用でちょっと抵抗があるのは、個人情報を登録することという人も多いと思います。昨今、大手企業が運営するサイトでも情報漏洩や不正利用があったりしますので、個人情報の提供には慎重になりたいですよね。

マンションナビでは、個人情報の登録をしなくても、地域の相場を調べることができます。

地図や住所から、そのエリアにあるマンションの大体の相場を確認することができるので、「売却しようかなと考え始めたばかり」という人にはいいでしょう。

狙ったエリア&物件の相場が分かる

物件を高く売りたいと言う人がほとんどかと思いますが、その場合、いくらで売出すかは重要なポイントになります。

よく言われるのは「相場より少し高めに売り出す」と言うことです。

ところが、相場の額だけにこだわっていると、相場価格まで下げたのに売れない、売却まで時間がかかるということもよくあります。

それは、ライバルを無視して売却額を決めているからです。

もしもあなたの物件と似たような場所に似たような間取りの物件がたくさんあったらどうでしょうか?しかも、みんな同じような相場です。

そんな中で、他の物件と同じような売却額で売り出していても、目立ちませんよね。さらに、特定のエリアで住宅を購入したい人というのは、急激に増えません。

そのため、他の物件より目立たなければあなたの物件が購入されるまでは時間がかかる可能性もあります。

だったら、多少相場より安くしてでも、早く売り抜けたいという場合もありますよね。

つまり、自宅の売却を考える時には、同じエリアの同程度のライバル物件の相場も同じようにチェックしておく必要があるということなんです。

もう一つ、エリアの相場を知ることで覚えておきたいこととしては、もしも自宅の買換えをしたい人であれば、マンションナビで調べた相場価格が購入するエリアを決めるための参考にもなるということです。

・いくらで買えそうなエリアかな?
・将来また売却したくなったらいくらくらいで売却できそうか?

などをリサーチしておくと、購入物件を選ぶ時に参考になるはずです。

マンションナビ社員のサポート付き

初めての自宅売却では分からないことも多く、不安もつきものです。そんな時は、マンションナビの社員がサポートしてくれます。

例えば、査定をしてくれた業者とトラブルになりそう、不動産業者の言っていることが信頼できない、普通はそんなことあるの?など、マンションナビのサポートスタッフに相談をすると、サポートしてくれます。

もちろん、不動産売却の基本的な知識についての疑問でもOKですので、積極的に活用したいところですね。

マンションナビの注意点

マンション特化だから戸建ては非対応

マンションナビは全国無料で多くの業者から一括査定が受けられる!という便利なサービスなのですが、マンションナビという名前の示すとおり、マンションの査定専門となっています。そのため、戸建てには非対応です。

不動産業者によって査定内容やサービス面にバラツキ

マンションナビを使って一括査定を受けたとしても、実際の査定額にはバラツキがあります。

そのマンションの他の部屋の過去の取引事例や、近隣ライバル物件の動向など、その不動産業者が持っている情報を総合的に考えて査定額が決まりますので、必ずしも同じ金額にはなりません。

そのため、なるべく多くの査定をとってみて、比較しながら業者選定をすることが重要になってきます。

もしも査定額が一定ではないとしても、その査定額の根拠を質問するなどして、その不動産業者がお付き合いするに値するかどうかを判断する材料とするのがいいでしょう。

また、最終的にはその不動産業者の店舗で担当してくれた人の力量次第な面もあります。スムーズな取引が行えたり、有益なアドバイスを得やすいのは、やはりベテランの人だったりもします。

査定業者からの電話がかかってくる!?

一括査定や見積もりサイトを利用すると、その後で業者から矢のような電話がかかってくる…そんな話をよく聞きます。実際のところ、不動産業者によっては電話をするノルマが合ったりするでしょうし、査定したもののその後の進捗について確認してくるということもあり得ます。

どうしても電話がかかってくるのが嫌な場合には、査定依頼をする時に、「電話は出られないことが多いので、メールでの連絡のみにしてください」と任意の入力欄に入れておけば、まずかかってきません。

とは言え、査定を受け取った中から比較した結果、「これは気になる」という業者がいたら、電話などで直接話をしてみることをおススメします。メールで、「いついつの何時頃お電話いただけますか?」と連絡しておけば、指定日時に担当者から電話がかかってくるはずです。

電話で話す内容は、メールなどでは伝えにくいこちらの事情を伝えたり、業者の査定根拠、最近のマンション売買動向などを教えてもらいましょう。そして、電話での会話を通じで、その業者の力量を測るのです。

もしも「付き合いたくない業者だな」と思えば、次からは「もう他の会社で契約しちゃった、悪いね」と言えばかかってくることはありません。

マンションナビの使い方

マンションナビは、PCでもスマートフォンでもどちらでも簡単な入力方法で利用可能です。

他の一括見積サイトなんかでは、個人情報まで頑張って入力したのに、最後になってみたら「査定可能な会社が少ししかなかった!」なんてことありがちです。でも、マンションナビは、そうしたことはありません。

物件の所在地や物件名、部屋番号などを入力すると、査定可能な会社が表示されるます。ここまでは、個人情報を入力しなくても進めることができるので、気に入った会社が表示されなければやめることもできます。

表示される会社は、売却で最大6社、賃貸で最大3社となるので、その中で気に入ったものだけを選択します。

査定内容の信憑性はあるのか

マンションナビは、マンション売却で“4冠”達成

マンションナビは、マンションの売却一括査定サイトのなかで、次の4つの分野で1位を取っています。

・初めての方にお勧めできる
・希望額より高く売れた
・不動産売却経験者おすすめする
・知人に紹介したい

希望額よりも高く売れて、不動産売却経験者が、知人にもおすすめしたいということなんですね。

月間利用者100万人、査定依頼数月間1500件超の実績

マンションナビは、サービス開始が2011年とそれほど運営年数が経っていません。

ですが、サイトのメンバー登録者数は5万人を超え、月間100万人以上が利用しています。さらに、月間の査定依頼数が1500件以上と言いますから、その実績数としては申し分ないサイトと言えます。

これだけの利用者数、実績数がありながら、悪い口コミをあまり目にしないのは、運営がしっかりしていると言う証拠でもありますね。

マンションナビの運営会社

マンションナビを運営しているのは、「マンションリサーチ株式会社」です。この会社は、2011年設立と若い会社ですが、マンションナビの他にも、土地・戸建・マンション相場や売買事例を掲載している「sumoola(スモーラ)」、不動産売却体験談が満載の「リアルボイス」、中古マンション専門の物件を掲載している「マンションナビ atta」など、不動産売買にまつわる多くのサイトを運営しています。

中には、不動産会社向けのサービスサイト「Smoola PRO」も運営しており、業界内と一般ユーザーのどちらにも向けた情報発信および情報収集をしている会社ということになります。

創業10年未満の会社ですが、ガイアの夜明け、PRESIDENT、住宅新報、週刊住宅、DIAMOND onlineなど多数のメディアで紹介されたことでも有名です。

有名=信憑性があるとは言えませんが、それでもこれだけ有名であれば、いい加減な運営はしにくいため、サービス全体の信憑性は高いと考えていいと思います。

マンションナビの評判を知りたい

いくらたくさんの査定をもらえたからと言って、結果が伴わなければ意味がありません。実際の口コミをチェックしてみましょう。

良い口コミ

以前にどんどんケチを付けられて結局査定額を3割も下げられた経験があったので、今回はネットの査定サービスを利用しました。
マンションナビではそのようなことは一切なく、売却の際に必要な書類や手順、かかる手数料・費用なども細かく教えていただき満足しています。
引用 オンライン不動産査定50社を徹底比較! https://www.marugoto.cc/navi/voice.php

所有しているマンションは売却するという選択肢しか考えていなかった私ですが、マンションナビでは「賃貸」という選択肢も考えてくれて、売却・賃貸同時に査定してもらいました。査定の結果は賃貸よりも売却する方が得だということになったので、持ちマンションを売却。知識のない私に親切丁寧にサポートしてくださったマンションナビに感謝しています。
引用 オンライン不動産査定50社を徹底比較! https://www.marugoto.cc/navi/voice.php

無料オンライン査定はとっても魅力的で、売却と賃貸の相場を同時にチェックできるのは便利だと思いましたが、登録している会社が多すぎて1社に絞るのが大変でした。返信も複数の会社に同時だとちょっと大変。サポート体制をもう少し高めてくれると助かります。売却査定額は予想していたよりも少し高かったので良かったです。
引用 オンライン不動産査定50社を徹底比較! https://www.marugoto.cc/navi/voice.php

マンションの売却を街の不動産会社に依頼をして行った場合、実際に売れるまでに半年以上から1年ぐらいはかかるというのが普通ですが、このサイトの場合、売却までの時間がわずか1ヶ月だったので、想像以上に早く売ることが出来て本当に嬉しかったです。
引用 Smile https://smile-pro.jp/columns/1#%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%93%E3%81%AE%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%84%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%AF%EF%BC%9F%E4%BF%A1%E6%86%91%E6%80%A7%E3%82%92%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF

最終的には近所にある地元密着型の不動産屋を利用して売却することになりましたが、効率的に売却処分を行うことが出来て本当に良かったです。
引用 Smile https://smile-pro.jp/columns/1#%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%93%E3%81%AE%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%84%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%AF%EF%BC%9F%E4%BF%A1%E6%86%91%E6%80%A7%E3%82%92%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF

マンション売却が初めてだったのですが、マンションの売却の流れやどのくらいの手続き費用がかかるのか、税金や注意することなどすべて優しく書かれているので、知識ゼロでも理解することが出来ました。
完全無料のサイトにも関わらず、色々な情報が載っていますし、必要なことも素人でもわかりやすく書いてあるのでとても参考になりました。
引用 Smile https://smile-pro.jp/columns/1#%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%93%E3%81%AE%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%84%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%AF%EF%BC%9F%E4%BF%A1%E6%86%91%E6%80%A7%E3%82%92%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF

良くない口コミ

マンションナビでは「1社」しか見積もり結果が届かなかったので、十分に比較検討することができませんでした。(依頼しなかった業者を含めても2社だけ・・・)
引用 中古マンションのリアル https://flwafp.com/wp/post-1906/

見積もりの結果の到着が遅かったので催促したが、それでも届かない不動産会社がいた。また、肝心の売却の見積書の内容が薄くて参考にならなかった。
引用 Smile https://smile-pro.jp/columns/1#%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%93%E3%81%AE%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%84%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%AF%EF%BC%9F%E4%BF%A1%E6%86%91%E6%80%A7%E3%82%92%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF

査定価格より100万円安く売却する事になってしまった
見積もりの結果の到着が遅かったので催促したが、それでも届かない不動産会社がいた。また、肝心の売却の見積書の内容が薄くて参考にならなかった。
引用 Smile https://smile-pro.jp/columns/1#%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%93%E3%81%AE%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%82%84%E8%A9%95%E5%88%A4%E3%81%AF%EF%BC%9F%E4%BF%A1%E6%86%91%E6%80%A7%E3%82%92%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%AF

マンションを賢く売却したいなら

マンションナビを使うだけでは希望通りにならない

忙しいなか、時間短縮でなるべくいい結果を残したいと思いますよね。マンションナビを使えば、一括査定で多くの不動産業者から提案を受けることができます。でも、それだけじゃいい結果にはなりません。

何事もそうですが、お任せっぱなしではダメなんです。

では、どんなことに気を付ければいいのでしょうか?

これまで3回の自宅売却をしてきた私たちの実践していることをご紹介します。

余裕をもって動こう

急に転勤が決まったなどで、急いで売却したいということもあるかもしれません。でも、よほどでない限り、売却しようかなと考えてから最低でも10か月程度は時間をかけるつもりでいて欲しいです。

10か月の間はどの様な動きをしているかというと、次のような感じになります。

~2か月目:相場のリサーチと希望売却額の決定

この期間に、マンションナビを使って一括査定をしたり、HOME’Sやat home、suumoなどを使って実際に売り出されている物件の売却価格(賃貸の場合には賃貸価格)などをチェックします。
ある程度の期間をかけて、同じような物件ばかり見ていると、ある時から表示されなくなる物件がチラホラ出てきます。中には、色々な事情から売却を取りやめる人もいますが、半分以上の確率で売却が成立したということです。

これで、実際にいくらくらいで売れていそうだな、と予想をたてることができます。
※売り出し価格と実際の売却価格は、大きく違う場合もあります。そのため、あくまでも目安です。

この、自分なりのリサーチ期間が長ければ長いほど、実際に売却されたらしき物件のデータも自分なりにたまりますので、後で不動産業者の選定をする時にも役に立ちます。

3か月目:業者選定と契約

マンションナビで査定を依頼した中から、大きく相場から外れていない業者を選定します。
実際に話をしてみて、

・査定額の根拠
・その不動産業者が過去に同エリアで売買を仲介した実績
・最近同じエリアで売却できた物件の売値と実際の売却額

などを聞いてみましょう。

特に、最近の売買事例を教えてもらえると、とても参考になるはずです。そのためにも、自分なりのリサーチしたデータがあると便利です。

例えば、「そういえば最近○○マンションで売り物件が出てましたよね?いくらで売れたの?」なんて聞いて見ると、不動産業者も「この人、売却したい気持ちがきちんとあるな」と判断しやすく、色々な話にも付き合ってくれやすくなります。

4か月目~10か月目:自宅の売出し開始 → 購入者が決まるまでだいたい半年程度

いざ自宅を売りに出してからは、待つばかりではありません。

できれば、1~2週間に一度は不動産業者と話をして、最近の物件の反応などを確認しながら、今後の作戦を話し合います。

大抵の場合、HOME’Sなどのサイトに掲載していますので、その反響を確認することができます。
反響も少なく、問い合わせも無いようなら、売出価格が魅力的ではないとか、掲載されている写真画像がいまいち目を引かないなどの理由が考えられます。

私たちが自宅を売却した際は、物件掲載画像の写真が上手な不動産仲介業社さんに声をかけて写真の撮影と仲介の取り扱いをしてもらったりもしました。上手な不動産屋さんは、本当にきれいな写真を撮ってくれるので、だいぶ印象が良くなります。

こうして、場合によっては売出価格を下げてみたりの調整をしながら、じっくり待ちます。

この時、あまり実力の無い業者ややる気のない業者だと、すぐに「価格を下げましょう」と言ってきます。その方が、業者の手間も簡単ですし、早く売れた方が彼らも売り上げになるからです。

ただ、一度下げた販売価格はなかなか上げにくいので、価格を下げるのはいろいろと試した後、すこしずつ様子を見ながらでいいでしょう。

そうこうしていると、アッと言う間に半年程度は経過してしまいます。

つまり、自分なりにじっくり情報収集する期間と、忍耐強く待つ売却期間はある程度長い方がいい、ということなのです。

会話のできる不動産業者に依頼しよう

自宅の売却をするにあたって、取り扱ってくれる不動産業者は、いわばパートナーです。お互いの信頼関係が重要になってくるのですが、結構な確率で期待外れなことも多いです。

例えば、「頑張ります」ばかりで提案ができない人は、本当に考えてくれてるのかな?と疑問になります。また、すぐに「売値を下げましょう」と言う人も、本当に多いです。

また、売主であるこちら側が「これくらいの価格で売りに出せそうだと思う」と根拠を言っても、素人のたわごとだと思って全然聞いてくれない人、自分の提示した金額じゃないと取り扱えないと上から目線の業者、色々といます。

その様に、話が前に進まない業者は、すっぱりと縁を切りやすいように媒介契約の期間を最短にしておきましょう。

率直な会話ができない業者と付き合っていても、納得のいく売却はできないので、多少遠回りに感じても、業者を変更した方がいいです。

もちろん、最初の業者選定でしっかりと選んでおけば、こうした回り道の可能性も低くすることができます。そのためにも、自分なりのリサーチは重要になってきます。

売却金額にこだわりすぎない

仮に、購入希望者が100万円の指値をしてきたとして、あなたならどうしますか?

「失礼だな!絶対に希望価格で売る」と言って断ってしまいますか?

ちょっと冷静になって考えてみましょう。よくよく考えると、仮に指値をされても、その価格で売却してしまった方が得をすることがあります。

例えば、住宅ローンの残債がまだ残っている場合や、毎月の管理費などが重い負担になっている場合です。もしもその購入希望者を蹴って、引き続き売却し続けた場合、その間の持ち出し費用を計算してみましょう。もしかしたら、指値の通り売却してしまっても、得なのかもしれません。

不動産の売買は、たった一人の人が購入してくれればいいだけなのですが、その一人はいつあらわれるのか分かりません。今回を逃せば、半年先かもしれません。

相場に適正な価格で売り出していれば、それほど長い期間はかからないとは思いますが、それでも何があるか分かりません。

指値を断って、あと半年先に売れたらどうかな?と言う感じで計算してみて、もしも納得のいく範囲に収まっているようであれば、売却してしまうのもいいと思います。

売り手と買い手がお互いに納得しているとトラブルが少ない

先ほどの、「売却金額にこだわりすぎない」にも通ずる点がありますが、売り手と買い手の双方が納得してよい取引がまとまったと思えるような売却ができるのが一番いいです。

中古物件を売却する場合、場合によっては、こちらも気が付いていない瑕疵が存在している可能性もあります。印象が良い取引の場合には、購入者が多少何かに気が付いたとしても、トラブルになりにくいと言われています。

良い取引=買主も気に入って住み始めていることが多いので、自分の愛するマイホームにケチはつけないという訳なんですね。

不動産業者はパートナー、しっかり選定しましょう

もしもあなたが自宅を売却するならば、最後に頼りたいのはパートナーである不動産業者です。この人としっかりと相談をしながら進められることが一番なのです。

そのためにも、不動産業者となるべくたくさんの出会いをもって、そのなかでナンバーワンを選んでいくことが重要です。

人生でそう何回も無いビッグイベントですから、後悔の無いように、いい相手を見つけましょう。

手間をかけずになるべく多くの業者と出会えるのが、マンションナビの一括査定です。

ぜひ活用してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました