マンション賃貸で必要な経費はいくら?マンションナビするなら知っとこ

マンション賃貸について

分譲マンションを賃貸にできるということ自体を知らない人も多い中、仮に賃貸にできた場合にどのくらいの経費がかかるかなんて、想像が付きづらいかもしれませんね。

今回は、賃貸にした場合の費用について、少し詳しく見てみましょう。

マンションを賃貸にした時にかかってくる必要経費

マンションナビを使って賃貸の査定をした場合、マンションナビの使用料は無料です。その後、実際に不動産会社の担当者が部屋の内容や詳しい情報を見聞きし、直接現場を見てから行う詳しい査定も、無料で行ってくれます。

ただ、不動産会社との契約に発展した場合は、契約を交わした時から数々の経費がかかってくるようになります。

まずは、売却時も基本的には同じですが、不動産会社と契約した時には仲介手数料というものがかかってきます。オーナーに代わって借主とやり取りをしたり、管理を請け負うので、会社によっては「管理委託手数料」、「事務手数料」、「保証料」などの名前で呼ばれていることもあるようです。その金額は不動産会社によってまちまちで、オーナーではなく借主からもらうので無料というところもあれば、家賃1ヶ月分くらいのものがかかる所もあります。

次に、賃貸の借主だった人が契約が終わって部屋を明け渡す時には、退去時修繕費用もかかってきます。リフォームが必要かどうかまでは部屋の傷み具合次第ですが、ハウスクリーニングは必須です。一般的には、ハウスクリーニング、壁紙の張替えくらいは最低でもかかってくると考えておくといいでしょう。

内装のリフォームをした場合は数十万~数百万と幅は広く、部屋の広さやどの程度リフォームするかで変わってきますが、元の部屋の状態に戻すだけの原状回復であれば数十万の範囲に収まると思います。もしも間取り変更、浴室ユニットの交換、キッチンのリフォームなどになると、かなりの額になる事もありますので、賃貸の家賃に対して費用対効果を考えて行うことになります。

ハウスクリーニングは、水回りだけなどに限定するなら、一か所につき5千円~2万円前後なので、家賃収入がある大家さんの立場であればそれほど大きな出費にはなりません。

また、毎月、あるいは毎年必要になってくる経費として「固定資産税」があります。固定資産税は、物件の価値次第ですが、マンションを売却しなかった場合は自分の資産ですから、毎年当然支払わなくてはなりません。

そして一番予測し辛くやっかいなのが、入居者が入ったあとに発生する設備修理費です。入居者が部屋を使っていて発生した設備の修繕については、オーナーが行う義務があります。そのため、お風呂が壊れたとか、トイレの水が流れないなどのトラブルに対して速やかに修繕し、その費用を払わなくてはなりません。

また、火災保険や地震保険に入っているようなら、その保険料も毎年お金がかかってきます。ただ、これについては自分が住み続けていたとしても加入するでしょうから、予定外の出費という感じはしないと思います。火災保険については、入居者にも加入してもらうことになりますので、オーナーが加入する補償の範囲は小さくして保険料を安くするなどもできます。

リロケーションなら転勤期間が終わったあとに住むことも可能

2000年に「定期借家権」が導入されて依頼、転勤によって分譲マンションを一時期離れなくてはならない人が自分の住処を期限付きで賃貸に出せる仕組みが整いつつあります。その仕組みをリロケーションと呼ぶのですが、現代ではリロケーション専門の会社まで出てきています。

定期借家にした場合、賃貸契約の終わりとなる時期と転勤の終わる時期を同じにしておき、自分の転勤が終わったら持家のマンションに戻ってくることが可能となります。

その代わり、賃貸を借りる側の立場になってみると、せっかく引越し費用を払っても期限が来たらまた引っ越さなければならない物件住むのはリスクですし、好んで住んでくれる人は多くはありません。「期限付きでもいいから住んでみたい」と思うような魅力がある物件ではない場合、周辺の家賃相場よりも安めの家賃設定にしなければ、借主が決まることが難しいかもしれません。

マンションナビで賃貸のメリットとデメリットを天秤にかけてチョイスしよう

マンションナビで一括査定を依頼し、賃貸を選ぶためには、大前提として必要経費を払いつつ、あなたの新しい家の購入費、あるいは家賃を支払うだけの余裕があるかどうかで判断することが必要です。

賃貸を選んだ場合には、どうしても数々の経費がかかってきます。持家の家賃収入と必要経費、自分が住むための住居費用などのバランスを考え選択する必要があります。しっかりと事前に情報を調査し、場合によってはマンションナビの運営が行っている質問サービスを利用するなどして、考えてみてください。

転勤などで持家を離れる場合には、新しい住居を会社が用意したり、転勤手当などが出ることが多いと思いますので、その分新しく住む家の住居費用は安く抑えられることが多いです。となると、持ち家の賃貸収入の方がプラスになることもあるでしょう。

そうしたメリットとデメリットを天秤にかけ、じっくり考えてみてください。

もし迷ったなら、マンションナビを作ったマンションリサーチ株式会社が自社のサイトで中古マンションの売却に関する記事も載せています。それらを参考に知識を増やし、自分にとっての最善の方法がどれなのかを確認してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました