マンションナビは他の一括見積サイトと比べて登録業者数が多い

マンションナビについて

マンションナビでマッチングできる不動産仲介業者数は、2500になります。この数は、相当多い方だとはわかるのですが、実際に他の一括査定マッチングサイトと比べてどのくらい多いのでしょうか。

それぞれの公式サイトに載っている数で比較してみました。

マンションナビ以外の一括査定サイトと比較した結果は微妙?

マンションナビ以外にも、不動産の一括査定サイトはたくさんあります。その中で、利用者数が多いことで有名な3社をピックアップしてみました。

それぞれのサイトで登録されている不動産業者数をリサーチした結果、以下のようになります。

  • HOME4U(ホームフォーユー) 1300社
  • イエウール 1600社以上
  • LIFULLHOME’S 1768社

いずれも、1000社以上なのはさすがですね。

対してマンションナビは、2500店舗もの業者数を誇っています。ただし、マンションナビの場合、会社の数としては、900社越えとサイトにも書かれているので、会社数で比較してしまうと単純にマンションナビが一番多い!とは言えない結果です。

ただ、上に挙げた3サイト以外の一括査定サイトと比べると、提携業者数が多い方なのは間違いありません。サイトによっては、10社とか100社程度の所もあります。

とはいえ、大手と比較すると1000件超えてはいないじゃないかという声もありますよね。それなのに、なぜこれほどまでにマンションナビの業者数が多いと言われているのでしょうか。

見方を変えればやはりマンションナビの業者数は多い

まずは、先ほど比較として挙げた3サイトについて、その見積もり内容を見てみます。

  • HOME4U…マンション、戸建て、土地、ビル、アパート、店舗・事務所などの物件を扱っています。
  • イエウール…マンション、戸建て、土地、投資用物件、ビル、店舗、工場、倉庫、農地を扱っています。
  • LIFULLHOME’S…マンション、戸建て、土地、倉庫・工場、投資用物件を扱っています。

この様に、いずれもマンション以外の物件もマッチングするため、必ずしもマンション物件の売却が得意な業者だけが登録されているとは限りません。また、同じ不動産会社内であっても、店舗によってそのエリアの特色からマンション物件が得意な店舗もあれば、他の物件の方が得意な店舗もあるでしょう。

つまり、これらの不動産一括見積サイトの提携業者数は、不動産全般を扱う業者数であって、マンションに特化していませんから、マンションに特化したマンションナビの提携業者数より多くても当然、と言えば当然なのです。

こう考えると、堂々の2500店舗をピックアップしてマッチングしているマンションナビは、やはり中古マンションに特化した一括見積サイトとしては業者数がかなり多いと言えそうです。

見積業者が多いとこんなメリットが!

見積業者が多いととても良いことがいろいろあります。見積査定書が多数でそろった所で見比べてみてください。

業者の特色というものが文書の中にも表れています。きめ細かな説明を載せてくれているところもあれば、簡潔に金額と概要だけを並べているところ。専門用語の意味がわかる説明文書を同封したり、売却までの細かな流れを説明した文書を同封してくるところもあります。

査定書だけではなく、電話での質問対応がしっかりしているところ、サービスがいい加減な感じのところなど、様々なやりとりのおかげで私たちもパートナー業者を選ぶ目が肥えてきます。

こうした不動産業者とのやり取りをしている間に、不動産に関する知識も増えますし、相場がわかるようになってきます。何より、的確に価格の根拠を提示してくれるパートナーを見つけることにより、希望よりも高い価格で売れる可能性が高まります。

査定数が多いとその分業者を選ぶ手間があって大変、と考える人もいるかもしれませんが、少ない業者にしか査定を依頼しなかった場合に、適切な見積提示を受けられない、合わない業者と無理に付き合っていくリスクなどが考えられます。一生に何度もない自宅の売却ですから、手間がかかっても断然数多く査定してもらった方が良いのです。

メリットを充分に受けられるよう、試しにマンションナビの無料メンバー登録をしてみてはいかがでしょうか。会員となってログインすると、さらに売却や賃貸に関する多数の情報を得ることもできるのでお得ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました