マンションナビで探す、売却したいならどんな不動産業者がいい?

不動産業者の選び方

マンションナビを使ったら複数の不動産会社がヒット!

・・・嬉しい反面ちょっと困る、不動産業者の選択方法。

売却したい場合はどんな不動産業者がいいかに焦点をあててポイントをご紹介してみましょう。

マンションナビを使ったらすべての会社が信頼できるというわけではない

まず、マンションナビで一括査定を依頼する段階では、不動産会社の名前が候補に挙がっても、信頼できるかどうかを見分けるのはまず不可能です。知名度が高いから良い、とも限りません。マンションナビと提携している不動産業者は多いですし、中古マンションの売却を得意とする業者とマッチングしてくれます。数多い会社の中には、今一つ対応が悪かったり、人間ですから相性の合わない担当者もいるでしょう。安易に、査定価格だけを見て高額だからここに決めた、とすると、あとで後悔することもありえます。

売却に強くて安心な不動産を見つけるポイントは3つ

ポイント1:査定価格の納得できる根拠をしっかり説明してくれる

マンションナビサイトの「マンションnavi一括査定」を使った場合、ヒットすれば何社からも査定が出ます。でも、高額の査定も低い額の査定も、それなりの根拠があるはずです。なんとなく相場からはじき出しただけ、という会社よりも、ちゃんと自社の取扱い経験があるので、とか、このエリアなら今地価が上昇中なので、などの理由を説明できるかどうかは重要な見極めポイントとなります。

ポイント2:一般媒介契約、専任媒介契約の違いや説明をきっちりしてくれる

実際に不動産業者に売却の仲介を依頼する時には、一般媒介契約、または専任媒介契約などの契約を交わして売却活動スタートとなります。これらは、それぞれにメリットもデメリットもあるのですが、中には不動産会社の都合の良い方だけを説明し、囲い込もうとする不審な動きをする悪質な会社もあるようです。契約前にしっかり中身を説明してくれる業者は信頼して良いと考えます。

ポイント3:担当者の対応が迅速、丁寧で売るための提案を自分からしてくれる

一括査定を依頼したのち、大抵は不動産会社からなんらかのアクションが起こります。電話だったり、メールだったりしますが、その応対や契約に至るまでの経緯で、丁寧さやスピード感というのはつかめると思います。そして、もし売却するなら自分だったらどんなアピールポイントがあるとか、戦略としてどの媒体で広告をうつなどの提案をしてくれるならなお良いです。実際の不動産業者との契約に至るまでは言わない場合もありますが、あらかじめ可能な範囲で提案してくれる所は、本気で売る気があると見て良いでしょう。

悩んだら自分にとってどうなのかというポイントで見分ける

中古マンションの売却は、新築と違ってユーザーのニーズがより多様化しており、不動産業者の得意不得意の差が出やすいものです。だからこそ不動産業者選びは難しいのですが、最終的に良さそうな業者が複数選択肢に残ったら、自分のニーズに合わせてくれそうな業者を最終的には選びましょう。地元に強い会社ならなお良いとも言われていますが、担当者との相性もあるでしょう。粘り強く、自分に合った不動産会社を考え、見つけてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました