マンションナビはどんな不動産でも一括査定可能なの?

マンションナビについて

マンションナビって一括査定で便利とは聞くけれど、どんな不動産で一括査定できるの?どんな時に使うと便利なの?などの疑問にお答えします!

初めて使う物は何かと不安になりますよね。どんな時に、どんな人がどう使うと便利なのか、詳しく見てみましょう。

マンションナビで査定できるのは中古マンションオンリー

マンションナビを使って一括査定をするなら、一つ気を付けておかなくてはならないことがあります。マンションナビは、その名前に「マンション」とあるとおり、中古分譲マンションに特化した一括査定システムなのです。「不動産」と一口に言っても、いろいろな種類がありますよね。自分の持つ大きな資産と言えば、一戸建て、土地、マンション、店舗などさまざまなものがあります。マンションナビの優れている点は、数ある不動産の中でも中古分譲マンションだけに焦点を当て、中古マンションの売却に力を入れている不動産仲介業者とのマッチングができるので、他の一括査定サイトよりも、早く高く売れる可能性が高いのです。

マンションナビを使うと相場がすぐわかる

分譲マンションの場合、一戸建てに近いくらいの価格で売買されているため、大きな取引になりますよね。そして一戸建てと大きく違うのは、部屋の階層や向き、角部屋かどうかや、そのマンションの管理体制なども価格に大きく影響してくる点です。これらの、一戸建てや土地にはない特殊な条件も入力することで、より相場に近い、より正確な情報を一括で得ることができるのです。家にいながらにして、サイトにログインし、会員登録して、一括査定を申し込むだけで、最大9社からの査定結果を受け取ることができます。その9社のうち、2件ほどは売却や買取だけではなく、賃貸にした場合にどうなるか、の結果ももらえるのですが、この賃貸の査定は他にはなかなか類を見ないサービスです。

マンションナビを使うと便利な事例は?

中古分譲マンションに住んでいる人が売りたいと考える時は、限られてきますよね。例えば、転勤が決まって転居せざるを得ない場合とか。子供が生まれたとか、小学生に入る前など、人生の節目に手狭になったマンションから一戸建てに引っ越す人。あるいは、分譲マンションに住んでいた親が亡くなり、相続したものの自分が住めない場合などもあります。売りたいな、と考えた時にどのくらいの価格で売れるかという部分は非常に気になりますよね。なにより、住宅ローンなどが残っている場合はなおさら、完済に充てられるかどうかの重要な判断材料になります。その点、マンションナビを使えばマップから自分の所有するマンションの相場を簡単に検索することができます。とりあえずの相場でよければ、会員登録などしなくても見られるので、この情報はとても便利です。

マンションナビは全国どこからでも使える便利な査定サービス

もともとは東京エリアからスタートしたマンションナビは、現在では、北は北海道から南は沖縄まで、しっかりカバーしてくれています。メンバー登録をすれば売却に役立つメルマガが配信されるほか、困った時に質問対応してくれるサービスもありますので、会員登録せずに査定するよりも登録した方がメリットが大きいです。本気で売りたい中古分譲マンションがある場合は、ぜひ一度試しに登録して、一括査定してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました