マンションナビと街の不動産屋さん、違いとメリットデメリット

マンションナビについて

マンションの売却をしたいなら、マンションナビがおすすめ!

…と言われても、一昔前は不動産屋さんに直接足を運ぶしか方法がありませんでしたよね。従来の方法とマンションナビの一括査定を使うのとでは、何がどう違うのでしょうか。

最終的に売却することには違いがないのですが、売却に至るまでの過程が大違い。そのメリットとデメリットをまとめてみました。

マンションナビVS街の不動産屋さんのメリット

マンションナビを使って一括査定するのと、街の不動産屋さんに直接行って相談するのとでは、どの点が違うのでしょうか。まずはそれぞれのメリットから見てみましょう。

マンションナビ

マンションナビはインターネットサイトの一つですから、家にいながらにして、パソコンやスマホから複数の不動産屋さんと繋がることができます。一括査定を依頼することで、複数の見積もりを短時間にとれ、かなりの時間短縮になるのがまず大きなメリットです。

また、複数の査定が出るので、より高額の査定や、応対の良さ、売却が得意そうだと思える会社などの違いを比較検討しやすい点があります。その結果、希望価格で売却が成功する確率が高まります。

街の不動産屋さん

街の不動産屋さんは、大抵の人が近くの不動産屋さんから順に、目星をつけた店舗をまわっていくと思います。近くの場合、地元ですからそのエリアの特徴や売買状況なども詳しく把握している可能性が高いですよね。

また、もし該当物件を最初に購入した時にお世話になった不動産会社なら、既に気心も知れていて、買取や売却に関する情報も質問しやすいかもしれません。

マンションナビVS街の不動産屋さんのデメリット

マンションナビ

強いて言えば、マンションナビのデメリットといえばネットやサイトのサービスに不慣れな人にはちょっととっつきにくいことです。登録するのも、会員になってログインするのも手順としては簡単で短時間ですむのですが、あくまでもそういったサービスに慣れている人にとっては、ということになります。

パソコンもスマホも苦手という方には、便利とわかっていても使い辛いかもしれません。

街の不動産屋さん

街の不動産屋さんは、売却をしたい人自身が複数足を運ばなくてはならないという時間ロスが発生します。もし、面倒だから1件だけで査定は良しとした場合は、他ならもっと高く売れたのに、といった後悔のもとになりかねません。

中古マンションを売ることに長けている不動産会社に当たる確率が、低くなりがちなのが最大のデメリットです。

高く早く売りたいならマンションナビが有利

マンションナビの最大のメリットは、素早く複数の不動産会社とのマッチングが可能だということです。入力している途中からでも既に候補会社が表示されているくらい、素早いのです。また、北海道から沖縄まで、数多くの分譲マンションの相場をマップ上で見ることができるサービスもあります。街の不動産屋さんに行く前に、相場をざっと調べるといった使い方もできるかもしれませんね。ただ、分譲マンションの売却に強い会社かどうかは、素人目でチェックするのは厳しいこともあります。できるだけ高く、早く売りたいという思いがあるのであれば、マンションナビを使う方がメリットが大きそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました