査定は質が大事!マンションナビの質を保つ努力内容

マンションナビについて

マンションナビを使った一括査定は、短時間で複数の不動産会社の査定を受けられる事ができます。だからこそ時短にもなりますし、複数社を比較検討できるので仲介を依頼する業者を選ぶ際に非常に役に立ちます。

でも、その査定システムや提携店舗の質が悪ければうまくマッチングできず、満足できない結果に終わってしまうかも…。

口コミでも評判の良いマンションナビは、どのような努力をして質を保っているのでしょうか。

マンションナビの強みは品質を維持できるノウハウ

マンションナビは、マンションリサーチ株式会社が運営しています。そしてこの会社の山田敏碁代表は、不動産ディベロッパーやフランチャイズ系不動産仲介会社での勤務経験がおありです。つまり、

”より現場に近く、現場の声を知り、不動産業者の言語を知っている”(引用 https://mansionresearch.co.jp/company/#outline MansionResearchLtd.企業情報)

というテーマを掲げるとおり、不動産実務経験を生かしたウェブサービスを行いために設立されたのがマンションリサーチです。

不動産実務がわかるからこそ、業界の無駄も知っており、そこをシステム化して効率よくすることを目指している会社です。その営業努力や技術力アップにかける姿勢は、数々のコンサル業務やメディアで紹介されている内容からも信頼できそうです。

ウェブ知識を活かしたユニークなシステムは、実はマンションナビだけではなく他にもあり、不動産関連で言えばスモーラや、リアルボイス、リサイクル不動産などがあります。これらのシステムを造り上げたノウハウと、不動産の知識による優良店舗を見抜く目により、マンションナビによる最適な一括査定マッチングが可能になっているようです。

そして関連会社にもウェブ関係の会社を持ち、独自のシステムを構築しています。知識の最適化やシステムの改良も重ね、マッチングの品質は維持されていると言えそうです。

マンションナビの審査と顧客対応で不動産会社の品質も保たれる

マンションナビの査定サービスを利用するためには、私たちが入力するのと同様に、不動産会社側もまずは登録や契約をする必要があります。この契約時、マンションナビはなかなか厳しい審査を行っています。中古マンションを扱っている、あるいは今後扱うつもりがあるかどうかや、実績や運用方法などをしっかりチェックしているのです。

マンションナビのサイトを使って売却主と不動産仲介会社が共にWIN-WINな関係になれるよう、分譲マンションという物件を扱うプロをここで選別しているわけです。

また、売却主がもし、一括査定を依頼したあとに度を越したしつこい勧誘で困ったり、業者との間でなんらかのトラブルになった場合は、マンションナビの運営が電話応対で相談にのっています。そんなやりとりからも、業者に対する指導はできていると考えられます。

これらのことから、他の一括査定会社よりは、マンションナビの方が不動産会社の品質も保たれやすいのだと想像できます。

質の高さはマンション売却4冠からも想像できる

数々の口コミでも評判の高いマンションナビですが、それもそのはずです。マンションのプロだけを審査で選別し、より該当物件の特性を見極め、売却を得意とする会社とのマッチングが独自システムにより可能になっているのです。その品質は日々保たれていますし、相場や価格は変動しますが、その情報もしっかり集められています。だからこそ、マンション売却部門でのアンケートで、「知人に紹介したい」など、4つもの1位を取れたのでしょう。初めての方におすすめしたくなるその品質、あなたも確かめてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました